病気の症状と予防について|病魔に負けないカラダ作り!ノロウイルスを予防する為の方法を知ろう

病魔に負けないカラダ作り!ノロウイルスを予防する為の方法を知ろう

レディー

病気の症状と予防について

メンズ

症状の特徴

ノロウイルスが体内に入り込むと、ウイルス性食中毒を引き起こします。ノロウイルスの潜伏期間はおおよそ24〜48時間です。初期の段階で微熱が出ることもありますが、たいていの場合いきなり症状が起こります。主な症状としては、激しい嘔吐やお腹の痛み、ひどい下痢などがあげられます。お腹が痛いと感じているうちに吐き気をもよおし、激しい嘔吐をします。それが治まると水のような下痢便が出ます。免疫力の強い健康な大人であれば、感染しても発症しないこともあり、発症しても風邪程度で治まることもあるようです。しかし老人や子どもなどは、いったん罹ると重篤な症状がでることがあり、注意が必要です。ノロウイルスに対する抗ウイルス剤はないため、感染した場合の治療は対症療法となります。大人は症状が治まるまで数日安静にするだけでも大丈夫ですが、子どもや老人はひどい脱水症状を起こすことがあるので注意しましょう。ノロウイルスを排出することが大事なので、下痢止めをのむなどの対策は誤りです。

具体的な予防方法

何より罹らないようにすることが大切です。ノロウイルスの予防対策にはどのようなものがあるでしょうか。まずは手洗いです。これはすべての感染症の予防対策の基本と言えます。帰宅した後、またトイレの後、食事の前などには正しいやり方でしっかり手を洗うようにしましょう。爪や指先、指の間、手のひらのしわの間、手首など忘れがちな個所も泡立てた石鹸の泡でしっかり洗うようにします。また除菌スプレーで手や指先を除菌するのもいいでしょう。ノロウイルスの有効な予防対策として、しっかり加熱処理した食べ物を食べるということがあります。特にカキなどの二枚貝の生食は感染リスクが高いと言われていますので、生食はできるだけ避け、しっかり火を通すようにしましょう。だいたい85〜90℃で90秒以上の過熱でウイルスが死滅すると言われています。